本日は、今季より雑貨屋マメチコで新規にお取り扱いを始めたブランド「TATAMIZE」さんについて。

tatamize タタミゼボートネックシャツ オリーブ/TATAMIZE
16,000円+消費税(送料無料)

 

2004年に立ち上がった TATAMIZE(タタミゼ)は、
デザイナー自身が全工程(パターン・裁断・縫製・仕上げ)を手がける
ハンドメイドクロージングブランドとしてスタート。

そのアイテムはヴィンテージクローズを下地としながらも
単にディテールを追いかけるものではありません。

現代の服としての意味合いや機能が突き詰められており、
ときにユニークであったり、ときにキュート。
成るべくして成り立つデザインは独自の輝きを秘めています。

現在は一部のアイテムを除いて工場生産へと移行。
ハンドメイドのマインドが息づく物づくりを続けています。
シーズン毎に魅力に溢れたアイテムをリリースしています。

tatamize タタミゼ

ボートネックシャツ ブラック/TATAMIZE
16,000円+消費税(送料無料)

触れた服から感じたのは、他のブランドにはない感覚でした。

キーワードはリラックス。でも優しくふんわりのイメージはちょっと違います。

一見穏やか印象なのですが、
着るとワークウェアのような武骨さや
ミリタリーの機能然とした雰囲気がほんのりとあり、
でもそれが前面に出るような感じはない。

本当に不思議でした。

僕が TATAMIZE の服に触れて感じたのは「格好良さ」だけではない
新たな魅力を指し示すものでした。

tatamize タタミゼ

着用した際の楽しさや実用性を思って組み立てられた
細かなシルエットのバランスや意図的に特徴をもたせたある種のクセ。

クセは服としての「心に引っかかる部分」へと繋がっていくのですが、
それどう受け取るかは着る側個人の感性に委ねられていて、
押しつけがましさはありません。

思想や着用者への配慮と、少し跳んだ感性の共存して出来上がっている服。
惹かれるかたには特別な感動をもって迎えていただけるんじゃないかと思います。

冒頭で キーワードはリラックス。と書いたのは
着心地そのものを指すよりも心情的に感じる部分の大きさからです。

tatamize タタミゼ

TATAMIZE の服って、
自宅でくつろいでいる時の気分を、そのまま包み込んで出かけられるような。
どこででも素の自分を保ってくれるような。
そんなニュアンスのリラックス感があるんですよ。

「格好良いと感じる服」と「リラックスさせてくれる服」は
これまで僕のなかでは噛み合うことがなかった方向性でしたが
TATAMIZE の服には二つが合致するのをはっきりと感じることができました。

そして、先日入荷したのが新作のボートネックシャツ。

着丈以外、前後のパターンがまったく同じでスリット入りな
正統派ボートネックシャツです。

ポイントは、肘部分でふくらみ、袖口に向かって細くなる袖です。
ちょっとしたバランスを変えることで、
シンプルなアイテムも、ほんの少し違ったイメージで着られる。
そんな部分が選ぶ理由にも繋がるでしょう。

tatamize-640

着用により初めてみえてくる魅力。
わざとらしい物ではなく
また機能面や薀蓄ではなく
感覚としてお気に召していただける一枚です。

今後はシャツの入荷なども予定しています。

TATAMIZE さんには女性用はありませんが、
(女性向けのご要望もいただくそうなのですが、
女性向けを意識すると現在の雰囲気にはならないそうです。)
特に性別を意識することなくお気に召していだだけるブランドかと思います。
このテイストが響く方は性別の区別なくお試しいただければと思います。

******
送料無料の通販サイト・マメチコネットショップ
真岡市のお店(栃木県真岡市台町2418)には通販サイト未掲載商品も揃っています。
店舗の向かい側に駐車場3台
→お店への道順を画像付きで見る
電話:
0285-81-6758
定休日:木
営業:11時~20時(金曜のみ13時~20時)