こんにちは、栃木県真岡市の雑貨屋マメチコです!
先週ご紹介した「ジェダイ シェルのサラダプレート」に続きまして、
今週のおすすめファイヤーキングは
昔のアメリカのレストランで使われていたディナープレートです!

スコッチエッグやサンドイッチ、肉料理など、メインの料理一人分にぴったりのサイズ。

このレストランウェアは、1950年代から、1960年代にかけて製造されていたものであることが
裏面のFire-kingのロゴ刻印から分かります。

 

後期ファイヤーキングディナープレート

キャラクターのプリントマグと一緒にすると、アメリカ気分が盛り上がりますネ♪

実はこんなに違う!前期モデルと後期モデル

さて、こちらのお皿は前期モデルと後期モデルで重さやデザインが大きく変わっているのをご存じでしょうか?

人々の生活の営みのなかで、ファイヤーキングも進化・変化が行われてきたのですね。

こちらが後期モデルです。

後期ファイヤーキングディナープレート

中央のくぼみ(料理がのる部分)への段差が、ゆるやかな曲線状になっているのがわかりますでしょうか?

その曲面は、お皿のふちに回り込むように、外側に向かって凸になっています。
お皿のふちの裏側が凸になっていることにより、

片手で持ったときに、指がすべりにくいよう工夫がされているのですね。

重さも約400g台と、軽めの触感。

扱いやすさを重視する方や、女性に人気のデザインです♪

後期ファイヤーキングディナープレート

次に、こちらが前期モデルです。

重さは約600g!ファイヤーキングは初期に製造されているものであるほど、
ガッシリとした頑丈な印象をもつ食器が多いように見受けられます。

前期ファイヤーキングディナープレート

表面の段差も、後期モデルにくらべますと
しっかり凹凸がわかるデザインになっていますね!

お皿のふちには、後期モデルのような滑り止めになる凸はありませんが、

そのかわり、本体の重さがしっかりあるため、
食事中にテーブルを揺らしてしまってもお皿がずれにくい、揺れにくい安定感がしっかりしているのです。

こちらは男性にも人気のデザインです♪

前期ファイヤーキングディナープレート

持ちやすさの後期モデル、安定感の前期モデル。

気分によって使い分けても楽しいですね♪

 

当店の通販サイトマメチコネットショップにも、商品を掲載しました。
ぜひ、細部の状態などをお写真でチェックしてみてくださいね。
お電話(0285-81-6758 11時~20時まで)での地方発送も承っております!
↓↓↓
写真クリックで通販ページが表示されます

後期ファイヤーキングディナープレート

ディナープレートジェダイ(後期モデル)
12,000円(税込)全国送料無料

 

 

前期ファイヤーキングディナープレート

ディナープレートジェダイ(前期モデル)

12,000円(税込)全国送料無料