森が身近にある路地裏でお店を営んでいると
自然の色々な声、目に映るもの、日々いろいろな気付きがあります。

お店番をしながら、ふと目を閉じると蝉の声、鳥の声。

雑貨屋マメチコのある路地裏は本当に不思議なもので、
石塀と木々の道を少し歩くだけでも、
まるで幼い日の夏休みに戻ってきたような感覚になります。

 

雑貨屋マメチコ店内写真

そういえば、子供の頃あこがれていたお姫様みたいなアクセサリー。

お菓子を我慢して100円で買った駄菓子屋の指輪が宝物だった頃。

深呼吸して、

もう一度目を開けると、

着る服によって色が変わるネックレス。

果実のようにみずみずしいチェコガラス。

早く起きた朝、葉に光る朝つゆのようなガラスビーズ。

そうだ、魔法はここにもあったんだ。

そんなふうに思います。