Fashion&Vintageマメチコです。

11月のDjangoAtour新作コートの感想ブログです!

classic farmers shetlandwooltweed coat

shetlandwooltweed coat DjangoAtour

今回のアウターの利点は、
イギリスの老舗ファブリックメーカーMOON COMPANYのシェトランドウールを使用したことにより
全体的に素材が柔らかいこと。

さらに、実際にこれだけ裏地もしっかりと入っているのに
1枚仕立てのジャケットを着ているような軽い負荷(ストレス感のなさ)のため、
とてもソフトな着心地になっています。

身幅が全体的にゆったりとしていて
この服を構成するパターン自体もこのソフトさに貢献しているのだと感じました。

今までロング丈の一枚仕立てのコートを何パターンも作ってきた
ジャンゴアトゥールならではの蓄積もあるのでしょう。

shetlandwooltweed coat DjangoAtour

実際に着てみると、
体の方から下側(腕の下側・胴体の下部分など)には締め付け感がほとんどないけれど、
首元から肩にかけてはしっかりと体に沿う。

この独特の「体を掴んでもらっているような感覚」は、
今まで僕が所有してきたアウターには
同じような感覚は当てはまらず、
服に守られているような一体感を感じるフィット感なのです。

このコートの肩周辺の独特のラインは初期のファーマーズコート時代から感じていたものです。

shetlandwooltweed coat DjangoAtour

これからもっともっと寒くなってきた場合…

アームホールにもゆとりがありますので、
さらに中にジャケットを着込んだりしても安心です。

逆に、冬場でもジャケットは着ないよ?という方は、
シャツ&ベストや、
シャツ&ニットなど
普段のアイテムと合わせていただいてもOKです。

冬場着るものとしての暖かさもしっかり確保しながら
「今までどこにも存在しなかったコート」という独自感も楽しめます。

shetlandwooltweed coat DjangoAtour

スタンドカラー風の小ぶりの襟は、寝かせることもできます。
襟を立てた状態であれば、
お手持ちのマフラーやストールに干渉せず、
スムーズに巻くことができます。

通常、冬向けとして作られるロングコートは
襟を大きくデザインしたり「襟を主張する」ことで
よりアウターらしさを高めていったりしますが、
そういったアクの強さであったりする部分をとことん排除している。

この思い切った采配が、DjangoAtourの飄々とした自然さにも繋がっているのだと思います。

お手持ちの洋服とのマッチングを気にせず、
ちょっと着てみようかな…と、
軽い気持ちで毎日楽しむことができるでしょう。

shetlandwooltweed coat DjangoAtour

同じサイズのコートを女性が着てみた場合のブログも公開中です。
↓↓↓
shetlandwooltweed coat DjangoAtour

 

 

 

 

そのほか、詳しいサイズ寸法や、デザイナーからのメッセージなどを
下記のマメチコNetShopにてご覧いただけます。こちらもぜひご覧下さい!
↓↓↓
※画像タップで別ページが表示されます
shetlandwooltweed coat DjangoAtour

 

★雑貨屋マメチコNetShop 安心の発送・丁寧な梱包を心がけ、お届けしております。
栃木県真岡市のファイヤーキング販売店

雑貨屋マメチコでは、その他 本場アメリカのヴィンテージFire-king、ヨーロッパ古着、ドメスティックブランド、国内メンズブランドなど各種揃えております。

Fashion&Vintage マメチコ(実店舗)

〒321-4306 栃木県真岡市台町2418
電話:0285-81-6758
定休日:木
営業時間:11時~20時(金のみ13時~20時)

クレジットカード決済可(一括・分割・リボ払い可)

駐車場は3台
お店の正面にございます

→お店への道順を見る(別ページが開きます)