今日ご紹介するのはこちらの一着。
1960年代イギリス製のウールメルトンコート 
 
 
 
このコートを手にしたとき、ちょっとした既視感がありました。
初めて見るはずなのに、よく知っているような不思議な感覚。
それは袖を通すとより鮮明になり
まるで愛用している服を着ているような気持ちになったんです。
1960年代イギリス製のウールメルトンコート
 
やや内側に入った肩ライン。
ハイウエストを強調するバックベルト。
などなど…
1960年代イギリス製のウールメルトンコート
 
これらの特徴は Django Atour のアイテムを彷彿とさせるもの。
初見から強く惹かれるものがあったのは
共通した特徴を持っていたからなんですね。
 
 
タグなどがないので詳細は不明ですが、
生地は密度の高いウール地が採用され
ボタンホールが左右両方の身頃につけられている点などから
おそらくはデッキジャケットやそれに準じた用途のものだと推測されます。
 
外気をシャットアウトできるよう
全てのボタンを留めると体と服の間の空間がほぼ埋まる構造であることと、
厚手のウール生地や内に入る肩パターンによって
タイト目なSサイズといった着心地です。
 
普段Sサイズ中心の僕でも
撮影時にはジャンゴのリネンボーダーのみでジャストサイズでしたので、
許容量としてはシャツにカーディガンを重ねるくらいかと思います。
ジャンゴアトゥールのボーダーシャツ
 
小振りで鋭角的な襟や
合理的なフラップ付きポケットとその配置。
胸回りや肩を絞ったパターンは
着用者の体に沿うようなラインを描くものです。
1960年代イギリス製のウールメルトンコート
 
これらを一着のなかにおさめながらも、極めてシンプルな印象。
大人の着用に耐えうるヴィンテージアイテムかと思います。
防風性、防寒性に加えて、着用者をアップグレードするバランスなど
これ一着で完結させようという意図がはっきりと感じられるようです。
 
これまでにたくさんの服に触れてきた方にこそご提案したい
美しいショートコートです。

******
送料無料の通販サイト・マメチコネットショップ
真岡市のお店(栃木県真岡市台町2418)には通販サイト未掲載商品も揃っています。
店舗の向かい側に駐車場3台
→お店への道順を画像付きで見る
電話:
0285-81-6758
定休日:木
営業:11時~20時(金曜のみ13時~20時)